日常生活で介護用品を取り入れることで生まれる、本人と関係者の幸せ

店舗への導入意義

介護師と女性

誰もが幸せになる方法

車椅子の昇降機は、家庭用の介護用品としての姿に終始するものではありません。
実際に利用できる現場として、車椅子の昇降機は店舗への導入や公共施設への導入を提案することができます。
なぜならば、これらの施設は不特定多数の人物が来訪することが考えられる場所です。
そして、車椅子を利用している人々には、自分のハンディキャップによって周囲に迷惑をかけることに抵抗を感じるような思いもあります。
それを考えたときに、ハンディキャップから積極的な施設の利用ができなくなってしまうことが少なくありません。
そこで、車椅子の昇降機を導入した店舗があることはハンディキャップを持つ人に対して、とても喜ばしいこととして受け止められます。
周囲の手を借りなくても、車椅子に乗ったまま施設を利用することができる。
それは、自立歩行ができない人々にとって、そしてそういった人に関わる人々にとって、とても嬉しいサービスです。
最終的に店舗や施設のサービスを受けられる人が増える、誰もが幸せになる方法が車椅子の昇降機を設置することです。

顧客の間口が広がる

車椅子の昇降機を設置することによって、店舗やクリニックなどを利用する人々に対して訴求できる要素が増えます。
2階建て仕様になっている飲食店は少なくありません。そこで、車椅子の昇降機を導入した店舗設計に改良することができれば、家族連れの入客をさらに見込むことができるでしょう。
また、高齢者グループの利用にも訴求することができると考えられます。
車椅子の昇降機を設置することで不利益を感じる顧客はほとんどいないと考えられますが、利益を感じる顧客は確実に一定数以上存在すると考えられます。
ホスピタリティの一つとして、車椅子の昇降機を設置することはとても大切なことです。
他にも、クリニックに設置することは必須のことだと言っても過言ではありません。
車椅子を利用する人が間違いなく多いと考えられる整形外科を始めとして、様々な身体的ハンディキャップに対応するためのバリアフリー化の一環として設置するべき製品が昇降機です。