日常生活で介護用品を取り入れることで生まれる、本人と関係者の幸せ

設置工事の簡易性

男女

大掛かりな工事が不要

車椅子の昇降機を設置すること、そこには大掛かりな工事が不要で簡単に設置できる、ということに目をつけることができます。
階層単位のバリアフリー化を実現する方法として導入することを検討できる方法には、エレベーターがあります。
とはいえ、今でこそ家庭用のエレベーターの設置を検討することができるようにもなってきていはいるものの、その設置には大掛かりな工事が必要です。
もちろん、業務用のエレベーターに関しても、同じように大掛かりな設置工事が求められます。
建物を解体したり、再構築したりするような工事を行うことが必要で、必然的に工事費用がとても高くなるという問題が生まれます。
それに対して、車椅子の昇降機は既存の階段を流用して設置される製品が多いです。
つまり、解体工事をする必要もなければ、新たに独自のスペースを確保する必要もないため、設置工事の簡易性が高い製品だということがわかります。
この点から見て、車椅子の昇降機はエレベーターの設置よりも負担が小さく、建物のバリアフリー化の選択肢として有利だといえます。

資金面からも容易

車椅子の昇降機を設置するにあたっては、資金面からも導入が容易だということに着目できます。
バリアフリー化の工事を施すにあたっては設備の設置工事に注目することが大切ですが、同時に、設備そのものの購入資金にも注目することが必要です。
ホームエレベーターの価格は、製品にもよりますがおよそ300万円から400万円は見積もっておくことが求められます。
それに対して、車椅子の昇降機であればその数分の一程度の価格で導入できる製品を検討することも不可能ではありません。
具体的な価格は設置状況や製品によっても大きく違うことから、詳しいことは販売業者に問い合わせる必要があります。
それでも、確実にホームエレベーターよりも安く導入できる製品で、家計や会計に負担がかかりにくい製品が車椅子の昇降機です。